子どもの記憶力を鍛える方法

query_builder 2022/05/05
コラム
10

自分の子どもには、記憶力がよくなってほしいものですよね。
そこで今回は、記憶力を鍛える方法について解説します。

▼子どもの記憶力を鍛える方法
記憶力は、物事を新しく記憶する・覚えたことを忘れずに記憶しておく能力のことです。
適切な方法を習慣化することで、記憶力は鍛えることが可能です。
お子さんの記憶力を鍛えることができれば、暗記などの覚えることが多い、学習の面でも役立つでしょう。
子どもの記憶力を鍛える方法について見ていきます。

■日常的に運動する
日常的な運動は、お子さんの記憶力を鍛える効果が期待できます。
運動によって脳に刺激が与えられ、記憶を扱う部分が活性化することで、記憶力が向上するのです。
勉強するだけでなく、体を動かす習慣を早い段階でお子さんに身につけさせることも大切でしょう。

■興味を持った分野を覚える
お子さんが興味を持った分野を自分で調べて覚えることで、記憶力が良くなります。
車や恐竜など、自分が好きなものの名前を覚える過程で、自然と物事を記憶する力が高まるのです。

■大人が質問する
大人が毎日の会話の中で、お子さんに積極的に質問してあげることが記憶力アップにつながります。
「今日は何をしたの?」「どんな勉強をしたの?」といった質問を、お子さんに投げかけることで記憶したことを思い出す力を鍛えられるのです。

▼まとめ
子どもの記憶力を鍛える方法について解説しました。
日常的に運動する・興味を持った分野を調べる・大人が質問するという方法をぜひお試しください。
当塾では、子どもの勉強への自主性を育てる指導を行っています。
お子さんに自主的に勉強する子に育ってほしいという方は、お気軽にご相談ください。

記事検索

NEW

  • 子どもの話す力を伸ばすためのポイント

    query_builder 2024/02/01
  • 理科の勉強法について

    query_builder 2024/01/03
  • 予習のやり方のコツについて

    query_builder 2023/12/05
  • 勉強中に眠いときの対策について

    query_builder 2023/11/03
  • 勉強部屋を作るメリットとは

    query_builder 2023/10/01

CATEGORY

ARCHIVE