作文の苦手な理由と克服法

query_builder 2022/05/17
コラム
13

作文が苦手意識をもつ子どもは、多いのではないでしょうか。
作文の苦手意識を減らすためには、自己肯定感を高めることが大切です。
ここでは、作文が苦手な理由と克服法について解説します、

▼作文が苦手な理由
■作文に自信がない
作文に自信がなくなる原因には、大人たちが否定的な言葉をかけてしまうことです。
そうすることで、自己肯定感が低くなり作文が書けないと苦手意識を持ちます。

■感情を表現する言葉を知らない
作文において、感じたことや考えたことを言葉で表現できない子もいます。
親子の間で言葉を交わす機会が少ないと、感情と言葉をリンクすることが難しくなるのです。

■文章の書き方が分からない
そもそも、作文の書き方を教えていないことで、子どもは作文が苦手になる傾向があります。
本の感想文を原稿用紙2~3枚などのざっくりとした提示だけだと、何を書いていいのか分からずに困惑するのです。

▼苦手な作文の克服法
■作文のテーマを決める
まずは、作文のメインとなるテーマを決めることが大切です。
作文は何を書くかを決めることで、スムーズに書き進めることができますよ。

■テーマについてインタビュー
作文に慣れていない場合は、親がテーマについてインタビューを行うと効果的です。
テーマに合わせてインタビューをして、書きたい情報を引き出していくと良いでしょう。

■段落に分けて書く
作文を書く際には、段落に分けて下書きをすることから始めます。
作文の段落ごとに、何を書くのかを決めておくことで作文が書きやすくなりますよ。

▼まとめ
子どもが作文を苦手だと感じる理由は、作文に自信がない、感情を表現する言葉を知らないなどが挙げられます。
まずは、作文のテーマを決めて、段落に分けて書きたい内容を下書きしておくと効果的です。
「学研みやこ教室」では、お子さんが楽しみながら学べる環境を整えております。
お子さんの思考力や表現力などを伸ばしたい方は、ぜひご相談ください。

記事検索

NEW

  • 子どもの話す力を伸ばすためのポイント

    query_builder 2024/02/01
  • 理科の勉強法について

    query_builder 2024/01/03
  • 予習のやり方のコツについて

    query_builder 2023/12/05
  • 勉強中に眠いときの対策について

    query_builder 2023/11/03
  • 勉強部屋を作るメリットとは

    query_builder 2023/10/01

CATEGORY

ARCHIVE