幼児期からさんすうの学習は必要?

query_builder 2022/04/05
コラム
2

「幼児期は、のびのび遊ばせてあげたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。
しかし、お友だちが「さんすう教室に通っている」と聞くと焦ってしまいますよね。
そこで今回は「幼いうちからの学習は必要なの?」と疑問をお持ちの方に向けて、幼児期からさんすうを学習するメリットについてお話いたします。

▼幼児期からさんすうを学習するメリット
幼児期には、身体の動かし方を学べる体操や想像力を育むお絵描きが重要です。
しかしそれだけですと、小学校に入学後、つまずくことになりかねません。
また、幼稚園と小学校生活の違いから、ストレスを抱えてしまうお子さんも少なくありません。
小学校生活をスムーズにスタートさせるためにも、週に1度、短い時間でも良いので「椅子に座って学習する」という習慣を身につけることが理想です。

■深刻化する小1プロブレム
「小1プロブレム」とは、子どもが小学校での生活に慣れず、授業中に座っていられなかったり先生の指示に従えなかったりする問題を指します。
幼稚園や保育園との違いに馴染めず、落ち着かない状態が数ヶ月続くことがあります。

■幼児のさんすう教室の内容
幼児期の学習は、楽しく学べるプログラムになっているものがほとんどです。
意欲的に取り組むことで勉強に対する抵抗感をなくします。
数の仕組みや算数の基礎を学びながら小学校に入る準備を整え、学習のつまずきを防ぐことができます。

▼まとめ
数の基礎を学び、学習の習慣に慣れてもらうことで、小学校生活をスムーズにスタートできます。
学研教室では、年少・年中・年長とお子様の成長に合わせた「さんすう・こくごコース」をご用意しております。
栃木で幼児期の学習をお考えの方は、学研みやこ教室までご連絡ください。

記事検索

NEW

  • 子どもの話す力を伸ばすためのポイント

    query_builder 2024/02/01
  • 理科の勉強法について

    query_builder 2024/01/03
  • 予習のやり方のコツについて

    query_builder 2023/12/05
  • 勉強中に眠いときの対策について

    query_builder 2023/11/03
  • 勉強部屋を作るメリットとは

    query_builder 2023/10/01

CATEGORY

ARCHIVE