早期教育のメリットとは?

query_builder 2022/11/15
コラム
36

幼い子どもの教育のひとつに、早期教育があります。
今回は、早期教育のメリットについて見ていきましょう。

▼早期教育によって得られるメリット
幼いうちからの早期教育には、さまざまなメリットがあります。
早期教育とは、小学校に入学前の「未就学児」と呼ばれる子どもに対する教育です。
一般的には、4歳ごろから小学校入学前の6歳未満の子が該当します。

■早期教育で身に付くこと
早期教育の一番のメリットとして、幼児期の子どもは脳の発達が早い点が挙げられます。
脳が目まぐるしく発達を遂げている間に学習を始めれば、能力がより高まるからでしょう。
そのため、早期教育では以下のような教育を採り入れています。

・英語
・読み書き
・計算
・音楽
・運動

「三つ子の魂百まで」ということわざがあるように、幼いうちに覚えたことは、時がたっても体が覚えているとされます。
そのため、英語や読み書き、計算といった教育が最適です。
音楽では、ピアノをはじめとする楽器を弾きこなす能力が身に付きます。
運動においては、早いうちから始めることで、持って生まれた才能をいち早く発揮できるでしょう。

■子どもの精神面へのメリット
「これなら誰にも負けない」というものを持っている方は、いざという時に心の支えになるのではないでしょうか。
これは、幼い子どもにも当てはまります。
「私は英語が話せる」「僕は計算が得意」といった具合に、自分なりの武器を持つことで子どもの精神面が強くなるでしょう。
そのため、早期教育では子どもが興味や関心を示すものを選択するのがいいですね。

▼まとめ
幼い子への早期教育はさまざまなことを身に付けたり、才能をいち早く発揮できるといったメリットがあることがわかりました。
栃木市にある当塾では、国語と算数、英語における早期教育を行っております。
楽しく学べる工夫を施しておりますので、ぜひ早期教育にお役立てください。

記事検索

NEW

  • 表現力を養う方法とは

    query_builder 2023/01/15
  • 小学生が読解力を身につける方法

    query_builder 2023/01/01
  • 子どもへの上手な読み書きの教え方とは?

    query_builder 2022/12/15
  • 子どもへの読み書きはいつから教えるべき?

    query_builder 2022/12/01
  • 早期教育のメリットとは?

    query_builder 2022/11/15

CATEGORY

ARCHIVE