予習のやり方のコツについて

query_builder 2023/12/05
コラム
53

授業で分からないことを少なくするためには、事前に予習を行うことが大切です。
しかし「予習のやり方のコツが分からない」と感じていませんか?
そこで今回は、予習のやり方について解説させていただきます。

▼予習のやり方のコツ
■学習範囲をチェックする
授業で習う範囲を、教科書でチェックしましょう。
事前に授業の内容を大まかに押さえておくことで、復習の時間を短縮しやすくなります。

■教科書を音読する
範囲をある程度把握したら、教科書の熟読が大切です。
読解力や集中力を身に付けるために、音読してみましょう。
分からない言葉が出てきた際は、自分で調べることで記憶の定着に繋がります。

■分からない部分を事前に把握する
予習において大切なのは、どこが分かっていないかをハッキリさせることです。
分からなかった部分を授業で理解し、それでも分からない場合は先生に相談しましょう。
疑問を解消することが大切です。

▼まとめ
授業の内容を理解しやすくするためには、予習が大切です。
その方法として、以下のものが挙げられます。

・学習範囲をチェックする
・教科書を音読する
・分からない部分を事前に把握する

予習で分からなかった部分を、授業で解消していくことが大切です。
授業内容がきちんと分かることで、復習時間の短縮にも繋がります。
当教室では、子供達の基礎学力を伸ばすためのサポートを行っております。
勉強に関するお悩みがある方は、当教室までお問い合わせください。

記事検索

NEW

  • 子どもの話す力を伸ばすためのポイント

    query_builder 2024/02/01
  • 理科の勉強法について

    query_builder 2024/01/03
  • 予習のやり方のコツについて

    query_builder 2023/12/05
  • 勉強中に眠いときの対策について

    query_builder 2023/11/03
  • 勉強部屋を作るメリットとは

    query_builder 2023/10/01

CATEGORY

ARCHIVE